会計事務所 転職

会計事務所アルバイト求人

会計事務所に転職する際に気を付けること

現在の職場から会計事務所に転職する際に注意しておきたいことがあります。

 

会計事務所は会社や個人事業を経営する際に、ここに会計報告や申告の一連の作業を依頼します。

 

自社ですべての会計や申告を行うことがあるでしょうが、適正かつ正確に会計を行い、正しく税の申告を行わなければいけないため、ここに会計の依頼をする企業は多いでしょう。

 

会計士との顧問契約を交わせば、費用が掛かり、それも経費となるでしょう。しかし、複雑な税制で、還付が受けられることや、節税の面でもメリットが大きくなることがあり、毎月の顧問料が掛かっても、それだけ節税が可能で還付等も正しく受けられれば費用対効果が得られるでしょう。また、会計士を付けることで税務署からの信頼度も高くなります。

 

会計事務所では、複数の顧問契約がされ、とくに大手や中堅の会計事務所では顧問先企業が多くなることで、従業員も多いでしょう。

 

ここで働く場合の方法として2つの方法があるでしょう。

 

会社で経理や事務などの経験がある場合、ここで働くことが可能ではあるでしょうが、会計士や税理士の指導により下で働くことになります。

 

本来、会計事務所では会計士の資格がある人が働くことが出来、税務署への報告は会計士のサインと印がなければ通らないのです。そのため、会計士や税理士の資格のない人であれば、事務所内で指示に従い働き、税務署等への提出書類には会計士や税理士の検閲と印がなければいけないのです。

 

そのため、資格がなければ事務員として働くことになるでしょう。

 

事務員と会計士では給与の差が大きくなります。ただし、有資格者であれば、事務所としての負担が大きくなるため、中堅以下の事務所では採用が少ないことも現実にあるでしょう。

 

逆に、事務員であれば事務所負担が少なく、会計士の代わりとなり仕事ができるため事務所にとってもメリットが高くなります。また、事務員としてここで働くメリットもあり、仕事を覚えることで税や会計の知識が高くなり、ここで仕事を覚えて資格を取得するという人も多いです。

 

スキルを高めることで、さらに大きな規模の事務所への転職をすることや独立開業という手段もあるでしょう。

 

近年では、会計士の数が増え、逆に中小零細企業の廃業などが相次ぎ、独立が難しいと言われていますが、知名度の高い事務所での勤務経験が評価されることもあります。

 

ただ、漠然と働いても決して給与の高い仕事ではありませんので、このように希望を持って働くことが良いでしょう。