会計事務所 残業

会計事務所アルバイト求人

会計事務所は残業の少ないところを選ぶべき

会計事務所に関わらず、残業の少ない職場を選ぶことは、色々な意味で大事なことです。

 

人によって価値観は異なるかもしれませんが、プライベートな時間を大切にしたいなど、種々の理由があるでしょう。けれども、会計事務所の場合、残業が多いということは、あまり良好な職場とは言えません。

 

なぜなら、会計が多忙になる時期が決まっているからです。すなわち、閑散期と繁忙期がきっちり別れているため、残業が多いと言うことは、それだけブラック会計事務所の可能性が高いということです。また、ブラックであるところは、所員にばかりに働かせながらも、収入が良くないところが多くなっています。あるいは、所長がワンマンで行うため、パワハラなどの問題もあります。

 

これらはブラック企業とも共通する点であり、就業を続けることが困難となります。したがって、残業の多い少ないを見分けることが、後々を鑑みた選択となり得ます。ならば、どのようにすれば、見分けることができるのでしょうか。

 

まず、常時募集を行っているところは、注意が必要でしょう。特に転職であれば、求人広告などを見つけることになります。

 

同じ会計事務所がいつも求人募集を行っているようであれば、それだけ人の出入りが激しいことを意味します。良い職場であれば、長く働きたいというのが、人の当たり前の心でしょう。

 

同じ会計事務所の求人広告を目にするようであれば、避けるようにすることが大事です。また、今の時代であれば、インターネットを使って、求人広告を見つけるでしょう。その際、当該事務所の評判なども調べるべきです。

 

これは、中途採用ばかりでなく、新卒採用でも当てはまることです。今では、現役で働いている先輩たちが、就業希望者に対し、返答できるサイトもあります。そういうところを使い、質問することも、大切なことです。

 

さらに、できれば、職場の雰囲気を知ることでしょう。最も適切であるのは、現在働いている人から話を聞くことです。

 

新卒採用であれば、実際に面談できるチャンスがあるかもしれません。あるいは、転職者であれば、SNSなどを使い、職場の雰囲気を尋ねることができるかもしれません。

 

これもまた、インターネット時代の就職方法の一つになるでしょう。

 

いずれにせよ、会計事務所に勤めるのであれば、残業の少ないところを選ぶのがベストでしょう。言葉は悪いかもしれませんが、こき使われ、心も体もボロボロになれば、何のために働いているのか分かりません。

 

情報化社会のツールを使い、より条件の良い会計事務所を選択できるように努力すべきです。