簿記3級 会計事務所 求人 応募

会計事務所アルバイト求人

簿記3級の資格を生かして会計事務所の求人に応募しました

簿記3級の資格を取得したので、これを活かしてみたいと思い、会計事務所でアルバイトをすることにしました。

 

未経験でしたが採用していただき、まずは簡単な仕訳入力の仕事をすることになりました。簿記3級を持っているので、仕訳は割と簡単にできます。

 

わからない仕訳が出てきたときは、前年度の資料を参照すればよいと言われました。また、周りの職員の方に聞いても快く教えていただけるため、未経験ではありますが、不安を感じることなく仕事をすることができています。

 

今は仕訳入力が中心となっていますが、今後経験を積むにしたがって、月次決算から年末調整、確定申告まで任せてもらえるということで、やる気次第でどんどん仕事は広がっていきます。

 

仕事はこのほかに、税務署への書類提出や申告書類などのファイリング、顧客からの電話への応対、お茶出しなどの雑用もあり、多岐にわたっています。

 

また、会計事務所は少人数のところが多いため、所長や職場の雰囲気が自分と合うかどうか、面接のときにしっかり見ておくことが大切だと思います。これを怠ると会計事務所ブラックでアルバイトをすることになり、せっかく仕事を始めたのに、すぐに転職活動をすることになってしまいます。

会計事務所のアルバイトをしていました

私は中学生3年生のときに、高校の進路を決めるのにどこの高校がいいのか、ほとんど迷わなかったです。それは一つ年上の兄が公立高校の商業高校に通っていましたので、自分も同じ高校に行こうと決めてしまっていたからでした。

 

兄は高校を卒業してから、すぐに就職していましたので商業高校にいったほうが、就職に有利だと思っていました。なので中学を卒業して兄と同じ高校に入学しました。

 

そこでは、簿記を学んで簿記1級の資格をとることができました。私は簿記の授業が結構好きな科目でしたので、その高校を卒業したら、経理の仕事につきたいなと思っていました。

 

高校を卒業して大手の企業の本社の営業会計事務という部署に配属になって、凄く大変な仕事なんだなと思いました。時間に追われるし残業も多かったのでした。

 

そこの会社は結婚がきまると辞めないといけない雰囲気でしたので、結婚でやめました。でも結婚した後に近所にある会計事務所のアルバイトをするようになりました。社員だったときの仕事の経験も生かせましたし、簿記の授業の延長のような気がしていました。

 

でも会計伝票をパソコンに入力して、チェックするのが主な仕事でしたので、眼精疲労で頭が痛くなることが多かったです。会計事務所には5年ほどアルバイトで勤務していました。