ブラック 会計事務所

会計事務所アルバイト求人

ブラックな会計事務所の見分け方

ブラック企業というのは、労働法に違反するような労働を従業員に強いる企業のことを言います。言葉をかえれば、儲けを第一優先するあまり、低賃金で重労働を強いるような企業のことです。このようなブラック企業は、サービス業などに多いというイメージがあるかもしれませんが、まじめなイメージが強い会計事務所にも存在しています。

 

では、ブラックな会計事務所とは具体的にどのような会計事務所なのでしょうか。たとえば、残業が異常に多いという特徴をあげることができるでしょう。伝票入力などの時間のかかる仕事が多いので、どうしても残業が多くなるのは仕方がないかもしれませんが、それに見合った残業代が支払われないとするなら、ブラックと呼ばれても仕方がないかもしれません。

 

また、残業代も含めて、仕事量に比べると収入が低いのも考え物です。能率が悪く、仕事量だけ多いという場合は、企業としての成長も期待できません。さらに、嫌な仕事を任されたり、過剰な責任を負わされたり、職場の人間関係が悪いとか、雰囲気が悪いというのもブラックに数えられるかもしれません。やはり職員が心地よく働くことができたり、やりがいを感じられたりすることが大切です。

 

このようなブラックと言われるような会計事務所は、そこで働く人たちが苦痛を感じていたり、ハードの仕事を強いられたりしているわけですから、質の高い仕事が期待できません。会計事務所を選ぶ場合も、ブラックではないところを選ぶことが大切ですね。

ブラックな会計事務所は従業員の平均年齢が若いのが特徴

ブラックな会計事務所に就職しないように、その特徴を知っておくとよいでしょう。

 

まず、ブラックな会計事務所では、スタッフが長期間働くことがないため若い年齢のスタッフが多くなってくる特徴があるのです。

 

どこの企業でも、経験豊かなスタッフは在籍しているものなのですが、ブラックな会計事務所の場合、勤務条件が厳しかったり、給与の問題があり、長期間にわたって勤務できない状況になっているのです。

 

仕事を探しているときには、あまりにも若すぎるスタッフばかりではないか確認しておきましょう。また、ブラックな会計事務所では、男性ばかりが在籍していたり、女性のみなど働いているスタッフの性別にも大きな偏りが存在しています。

 

女性だけの会計事務所の場合、男性が勤務できるだけの給与体制が整っていない可能性が高くなってきます。
とくに、所長のみ男性で他のスタッフが女性ばかりというケースでは、給与を安く抑えるために女性を雇っている可能性が高くなってきますので、慎重に見極めなければなりません。

 

男性のみの会計事務所についても、女性が勤務していくための理解が足りない等問題があるケースも存在していますので、面接の際に詳しくチェックを行ってみるとよいでしょう。

 

ブラックな会計事務所を避けたいとき、細かな部分とともに、面接を受ける時にスタッフの対応や雰囲気についても確認しておくと、安心して働くことができるのか判断が付きやすくなってきます。