会計入力 アルバイト

会計事務所アルバイト求人

会計入力のアルバイトは難しくありません

会計入力のアルバイトと聞くと、仕事内容が難しいのではないかと思う人も少なくないと思います。

 

会計事務所の主な仕事内容は、法人税、所得税、消費税の申告書の作成。各種届出書の作成や決算書の作成など多岐に渡る書類作成が主な仕事内容になっています。しかし、これはあくまでも会計事務所の仕事内容であった、アルバイトがこのような作業を行うわけではありません。

 

会計事務所のアルバイトの主な仕事内容は、書類作成の補助や会計ソフトへのデータ入力、伝票整理や仕分けや入力補助の業務など。また、どんな事務所のアルバイトでも行う事の多い、書類整理や発送。また、ファイリングなど仕事関係の書類の整理などが主な仕事になっています。

 

その為、特別な知識を必要とはせず、Excel、Word、メールなど基本的なPC操作ができれば、仕事をこなす事ができる内容が一般的です。

 

中には、資格を持っている人を優遇する会計事務所もあり、資格とは、日商簿記3級以上 で資格の他、会計事務所での実務経験者や一般企業での経理経験者などは優遇される事が多くなっています。
だからと言って、これらの資格が必ず必要と言うわけでもなく、また、会計士の勉強をしながら会計入力のアルバイトを行う事ができる会計事務所もあり、アルバイトの方法は様々になっています。

会計事務所のアルバイトで仕事内容に制限がある理由

会計事務所は、企業や個人に代わって専門的な経理処理をしたり、税務申告を代行したりするところです。中小の零細企業にとって無くてはならない存在が会計事務所だと言えます。それだけに、会計について学んだことのある人にとっては、会計事務所は働いてみたい職場です。

 

会計と税務を代行する会計事務所。そこでのアルバイトで多くの場合に受け持たされる仕事が、伝票入力です。他は、書類の整理や製本、雑用が主な仕事となります。長年勤めて代表者である税理士から月次処理や決算を任される人もいますが、アルバイトではなかなかそうした仕事を任せてはもらえません。逆にアルバイトに全てを任せてくれるところは会計事務所ブラックに該当する可能性が高いです。

 

会計事務所の仕事は、依頼主の会社の業績を把握し、税金が課税される基準値を計算することが最終的な目標になります。税務の仕事を業務として行えるのは税理士の資格を持つ者だけです。そして、会計業務も、実は税に密接に関わってきます。そのため、会計業務も税理士が行うことが多いのです。

 

税理士の資格を持たない者を雇用すること自体はかまいませんが、税務については税理士以外には行うことができませんし、無資格者について代表者である税理士は監督義務があります。そこで、アルバイトとして雇用した者に担当させられる仕事は限られてくるのです。