会計事務所 求人

会計事務所アルバイト求人

会計事務所の求人は個人事務所が多い

会計事務所のほとんどは個人事務所です。ですので、定期的に募集しているところは少なく、欠員補充の方法での募集が中心となります。しかし、一般の職種と同様に求人活動をしても求人を探すことは難しいです。

 

会計事務所のを探す方法として求人サイトを利用すること、会計士や税理士などの求人サイトは数多くあります。その中には企業の総務、経営部門、税理士法人、会計事務所を目指すプロフェッショナル目指す求人サイトもあります。

 

仕事を求める企業を結び、全面的にサポートしてくれます。会計試験予備校の掲示板を探すこと、多くの予備校では掲示板に求人票が掲載されています。そのようなところに電話して面接するケースもあります。

 

会計予備校が実施する合同就職会に参加すること、合同就職会に参加して多数の税理士法人や会計事務所のリクルート担当が来ているので、各ブースに分かれて話を聞くことができます。その場で採用、面接のケースもあるのでその後に事務所において面接、採用のケースもあります。

 

まずは、会計事務所の求人を探すことが大事ですが、焦ってブラック会計事務所を選ばないようにしましょう。せっかく就職できてもすぐに退職することになります。

イレギュラーな仕訳の連続が成長に繋がる会計事務所のアルバイト

簿記検定試験の問題を迷うことなく解くことができていたような秀才でも、実務として仕訳を行うと歯が立たなくなるということが多々あります。

 

実践経験不足という言葉で片付けることもできますが、会計の世界で好スタートを切りたいのなら会計事務所のアルバイトで多くの経験を積まれることをおすすめします。

 

業務時間内にはイレギュラーな仕訳を数多くこなしていかなくてはならず、実践で使える本物の実力を身に付けることができるからです。

 

会計事務所の中には、採用されてからしばらくの間は簡単な雑用ばかりを任せられる場合もあります。アルバイトにはイレギュラーな仕事を任せない方針の事務所もあるようですが、ここで自分には本格的な会計業務を任せてもらえないのだと引き下がってはいけません。

 

自身の思いは主張をしなければ相手に伝わることがありませんので、将来的に役立つスキルを得たいのなら社員の補助業務をさせてもらえないかなどの相談をするようにしましょう。

 

話の流れでイレギュラーな仕訳業務を一任される可能性もありますので、まずはアルバイト先で身に付けたいスキルについて声を大にして伝えることが大切です。このような交渉能力も会計の世界では必要なのです。