会計事務所 求人

会計事務所アルバイト求人

会計事務所の就職に有利な資格

会計事務所という言葉は、法的にはありません。税理士事務所または公認会計士事務所、監査法人、税理士法人などが会計事務所と言われています。

 

会計事務所とは、一言でいうならば「会計と税務を代行するサービス業」といえます。

 

会計事務所の求人で、未経験者OKとありながら、経験者を望む事務所が多いのも現実です。

 

会計事務所への就職に有利な資格は簿記や税理士などの資格ですが、これらの資格を持っていても実務がまったくできなければ意味がありませんので、資格と同じくらい実務経験があることが求められます。

 

なお税理士の仕事には繁忙期があり、年末調整や確定申告の時期には、かなり忙しくなりますので、仕事と勉強の両立に四苦八苦する受験生が多いのが現状です。。

 

就職先として、会計事務所を選択されるのであれば、その前に公認会計士か税理士になる覚悟を決めることです。その覚悟がないと、肉体的にも精神的にも仕事がきついので、愚痴を言いながら仕事をしていくような羽目になります。

 

「どうしても公認会計士になりたい」「どうしても税理士になりたい」というその気持ちが、有利な資格といえるかもしれません。

 

会計事務所とは、法人や個人事業主の為に給与や年末調整等の税金の計算を代行で行ってくれる事務所です。また税金の相談や会計の節税の相談にものってくれます。

 

その会計事務所でアルバイトをした場合には様々な仕事がありますが、主に来所した人への接客や電話応対などがあります。他にも決算資料を保管するファイル作りや会計ソフトへのデータ入力など幅広い分野の仕事をすることになります。

 

また決算書作成などを任せられる場合もありますが、その際には簿記3級や税務などに関する専門知識を持っていることが最低条件です。ですから税理士や公認会計士の資格等を取得するときにアルバイトの経験が役に立つのです。

 

ですので、実務経験を得るためにも資格取得の専門学校行きながら会計事務所でアルバイトをすることは税理士を目指す人にとって王道とも言えます。なお、税理士試験に合格をして後に登録をする際には実務経験が2年以上必要になりますが、この2年間にはアルバイトをしていた期間も含まれますので、アルバイトと割り切って仕事をするのではなく、将来の独立開業のための実務勉強の時間と思って少しでも仕事を身に着けるように努力することが重要です。

 

会計事務所の求人については、概ね2つのタイプに分かれていると言えます。

 

1つは簿記2級程度の資格を既に所持していて税理士・公認会計士を目指そうとしている人を主な対象とし、仕事をこなして貰いつつ最終的には一人立ち出来るまでに育って貰おうという方向性の求人です。

 

その特性から一般企業で類似する業務と比較すると給与は安めである傾向が強いのですが、実務経験を問われずに雇って貰える可能性は高いと言えます。

 

もう1つは、会計事務所に関するスペシャリストを求めるタイプです。一般企業の経理とは異なる業務もこなす事が出来る、所謂即戦力を求めるものです。こちらの場合には過去に他の会計事務所で実務を経験しているか否かが、強く問われる事となります。

 

実際の求人内容においては実務経験の有無こそ明示されているものの、どちらを念頭に置いているのかは意外に解り難い面があります。従って採用面接の際等において、応募者側からも詳細な確認を取る事が不可欠と言えます。

 

ちなみに、私は簿記の資格しか持っていない時点で会計事務所に就職をしましたが、その当時税務に関する知識もなく実務経験もなかったことから一般企業と比べて給料が安かった記憶があります。しかし、会計事務所は仕事をしながら知識を教えてもらえる場所でもありますので、その当時は仕事と勉強を同時にできるという考えがあったので特に違和感はありませんでした。

 

そして、税理士の仕事は結局のところ資格を持っていてなんぼというところもあるので、税理士や公認会計士の資格を取得するまでは給料のことは二の次にして、資格取得と実務経験を積むことを第一にするのが良いと思います。