会計事務所 求人

会計事務所アルバイト求人

会計事務所でアルバイトをしながら税理士を目指す

会計事務所のアルバイトの求人があるということは皆さんご存知でしょうか。

 

会計事務所は税理士や公認会計士などの代理行を広い意味で捉えた言葉です。

 

普通のアルバイトとは違い、数多くの税金のことや経営についての知識を身に着けておくことがゆくゆくは求められますが、最初からそんなに難しいことは未経験者に求めることはないですし、ビジネスや経営についてのアドバイスをするコンサルタントたちと近くにいられるのですから、そこらではできないような社会経験ができます。

 

多くの会計事務所が未経験者でも歓迎していて、電話応対などの仕事があるところもあります。

 

仕事をするようになった人の中には、仕事をしながら計算ソフトや簿記、経理などの勉強をしたり資格を取りたいという人も多数います。

 

会計ソフトへの伝票入力といった仕事もあるので初心者でも恐れることはありませんし、ワードやエクセルが使えればもう少し踏み入れた仕事をしながらスキルをつけることもできるのですから、悩まずにトライすることをお勧めします。

未経験者が会計事務所のアルバイトに採用されるには

会計事務所の求人は、アルバイトであっても、「経験者限定」という条件が付いています。そのような記載がなくても、未経験者だと書類で落とされるということも少なくありません。

 

会計事務所の大半は小さい事務所ですから、あまり教育している余裕がありません。特に、成長中の事務所だと、所長も営業活動に走り回っているため、なおさら余裕がないのです。

 

また、そもそも業界全体として、「教育制度が整備されていない」という傾向があるため、中堅以上の事務所であっても、なかなか未経験者を雇いづらいという状況になっているのです。しかし、中には「未経験者歓迎」と謳っている事務所もあります。

 

その理由は、事務所の規模によって異なりますが、零細事務所の場合は、「給与水準などからいって、未経験者しか採用できない」ということが理由です。

 

中堅以上の事務所の場合は、「人手不足対策として、未経験者でもやむをえない」「パンチャー要員」などの理由がありますが、教育できる環境が整っている事務所だと、「経験者は癖のある人が多いので、未経験者のほうがよい」と考えていることもあります。

 

ですから、どうしても会計事務所でアルバイトがしたいという場合は、こういった事務所を狙うとよいでしょう。

学生が会計事務所のアルバイトを探すには

税理士や公認会計士を目指している高校生または大学生は、「会計事務所でアルバイトがしたい」と思っている人が多いです。

 

試験の勉強にも役立ちますし、実際の仕事の流れも掴めるからです。ただ、結論から言うと、学生が会計事務所でアルバイトをするのは難しいです。

 

会計事務所では、顧客の会社の財務諸表や賃金台帳など、秘匿性の高い資料を扱います。そのため、守秘義務については他の業界より厳しく問われますから、たいていの事務所では副業を禁じています。

 

学生は勉強が本分ですから、副業に準ずる扱いとなるので、難しいということです。とはいえ、絶対に無理だということはありません。

 

大学生であれば、アルバイトの募集掲示板を見たり、学生部に訊いてみるという手があります。また、断られるのを覚悟のうえで、募集していない所に問い合わせてみるのもよいでしょう。

 

実際に、その方法で採用されたという例もあります。ただし、会計事務所は上でも述べたように秘匿性の高い資料を扱う仕事ですから、学生アルバイトであっても、それなりの責任感を持って仕事に当たる覚悟が必要です。また、年末調整や確定申告の時期は非常に忙しくなるので、その時期に休みをとるのも避けたほうがよいでしょう。